アウトドア・ツアー

バーミリオンクリフ・ナショナルモニュメント・ツアー

  • 概要
  • お客様の体験談
  • 地図情報

想像を遥かに超えた大自然と秘境に会いに行く
バーミリオンクリフ・ナショナルモニュメント・ツアー

アメリカにはコロッセオもなければ、スフィンクスもない。

万里の長城もない代わりに地球が造作した数多くの大自然が溢れている。

グランドキャニオンやイエローストーンといったある意味、表通りを歩くエリート的な国立公園とはまったく趣の異なる、まるで無頼派のような、今でも孤高を保ち、あたかも人を寄せ付けたがらない自然がまだまだ数多く点在する。

バーミリオンクリフはまさにそんな想像を絶する世界だ。

今でこそ数多くのメディアに取り上げられ、日本からも少しずつ訪れる人が増えてきたが、ここは知る人ぞ知る、「10 Geological Wonders You didn’t know」(あなたの知らない不思議な地形)ベスト1に選ばれた アメリカでも秘境中の秘境なのだ。

東京都23区のおよそ2倍、あるいは沖縄とほぼ同じ位の面積を持つバーミリオンクリフ・ナショナルモニュメント( Vermilion Cliffs National Monument)は、グランドキャニオン国立公園の北側に位置し、多くの観光客が通り過ぎるだけのユタ州カナブの町とレークパウエルに面したペイジ町のほぼ中間に入口がある。

このバーミリオンクリフの一角には毎日の入場者を20名に制限している コヨーテビュート・サウス(Coyote Buttes South)とコヨーテビュート・ノース(Coyote Buttes North)があり、入場制限のないホワイトポケット(White Pocket)、バックスキンガルチ(Buckskin Gulch)、ティーピーズ(Teepees)も含め、どれもが驚嘆という名に相応しい奇想天外な地形だらけのモニュメントなのだ。特にThe Wave(ザ・ウェーブ)と呼ばれる コヨーテビュート・ノースは発見されて以来、世界中からの訪問希望者が現地に訪れ、抽選で希望を叶えようとする人が一年を通じて絶えない。今やカナブの町を代表する風物詩となっている。

最低でも2、3泊はカナブまたはその周辺に滞在して、この大自然の造形美を実際に歩いて堪能していただきたい。

時間はどんなにあっても足りない。

特に写真家にとっては歩く距離が短いホワイトポケットでさえ、一日いても飽きることのない垂涎の的なのだから。

このバーミリオンクリフとそれに隣接するグランド・ステアケース・エスカランテ(Grand Staircase-Escalante) ナショナルモニュメントはBLM(米国土地管理局)が管理していて自然保護を標榜する役所であるため、他の国立公園とはまったく違う運営を行っている。

基本的に道標等やトイレ、水が飲める場所は公園に入るとほとんどないに等しい。

過酷な夏などは道に迷うとそのまま死亡に繋がるリスクと隣り合わせになっているので自分たちだけで行くことはおすすめしない。

また、場所によっては公園の入口まで四輪駆動を駆使して道なき道を走破しないといけない。

この両ナショナルモニュメントにはBLM(米国土地管理局)が許可したラインセンスガイドが数名登録されており、当社はこのライセンスガイドが案内するツアーのみを取り扱っている。

ここはこのプロによる道案内が絶対必要で、今でこそいろいろと紹介され始めたザ・ウェーブでさえ、ライセンスガイドしか知らないポイントは実はまだまだある。ザ・ウェーブはコヨーテビュート・ノースのほんの一部でしかないのだ。

抽選で当たった幸運なザ・ウェーブの訪問者も自分たちだけで行って帰ってくるだけでは、後できっと後悔するに違いないほど、ザ・ウェーブは奥が深い。

せっかく抽選で幸運を掴んだのであれば、ガイド付きのツアーに参加しないと実にもったいない。

ユーザー

ザ・ウェーブの抽選は残念ながらはずれてしまったのですが、抽選なしでも、こんなに素晴らしいところが待っていたとはっ!って感じで、全員、大感激でした・・・笑

私から、ほかの参加者への提案だったのですが、ツアー代金も掛かる事なので、みんなの意見がどうなるかと思ったのですが、ちょいちょい行ける所ではないので、せっかくの機会だから参加しましょうと!と、ゴリ押しして正解でした。

みんな、口々に「ザ・ウェーブ」行く必要ないねぇ~ なんて、歩きながら言ったりして・・・

いつか、ここも抽選になってしまうのだろうね

その前に来られて良かったね

とか・・・

ガイドのカイルさんも、とても気の良い方で、私たちは全然、英語が話せないので、相当、気を使っていただいたのではと思います。

朝、お会いした時から、とても親切丁寧に案内していただき、ホワイトポケットに行く途中の見所でも、言葉が通じないながらもいろいろな表現で案内していただきました。

参加時期:2015年9月

ユーザー

大変貴重な体験でした。地球上とは思えない風景が広がり驚きの連続でした。ガイドのKyleさんの説明はわかりやすく、英語が苦手な私には嬉しかったです。しかも、広い空間に私たちだけ、というとても贅沢な時間でした。

参加時期:2015年7月

ユーザー

家族5人でガイドのカイルさんにお願いして、ホワイトポケットに連れて行ってもらいました。
残念ながらザウェーブの抽選に漏れてのホワイトポケットツアーでしたが、ここで良かったと一瞬で思えしまうような想像を絶する素晴らしさでした。

アメリカでキャンプをしたいという家族の希望と公認ガイド無しにはたどり着けない絶景ポイントトレッキングを同時に満たす欲張りな計画を満たすにはカイルさんしか居ません。

先ずはカイルさんの英語の指示を聞きながら家族みんなで大型テントを組み立てます。子供達は自然にカイルさんの英語を理解していました。
昼食、夕食、朝食は全てカイルさんの準備です。もちろんお皿を並べたりみんなで準備するのも大きな楽しみです。
苦手なもの、食べたいものは事前に連絡しておくと良いですねー

もちろん宿泊しなくても移動に往復2時間なので日帰りでも楽しめます。

参加時期:2015年3月

ツアーリスト

コード ツアー名 代金 予約
#A001 ホワイトポケット ライセンスガイド同行ツアー

199ドル/大人

129ドル/子供

(3才〜12才)

予約をする

ご質問はこちらからお問合わせください。

  • 英語

詳細

所要時間 最少催行人員 食事 ハイキング難易度
7~8時間 2名 昼食1回

バーミリオンクリフにあるホワイトポケットは入園許可が不要です。

しかしながら、この地域をまず探し出すのも、また、ここにたどり着くにはかなり腕前のあるオフロード経験者が必要であるため、ライセンスガイドなしでは非常に危険です。

一旦、この地に到着すると、比較的簡単なハイキングを楽しむことができ、筆舌しがたい景観に圧倒されます。いろんな表情を持つ砂岩が目の前に広がり写真スポットとしてはバーミリオンクリフの中でも絶対のおすすめです。

代金に含まれるもの:

カナブ地区からの往復送迎、ライセンスガイド(英語)、昼食1回

催行会社

Grand Circle Tours

ご注意

※トレッキングシューズ(スニーカーなど歩きやすい靴)、サングラス、帽子などをお持ちください。

※飲み水はガイドがご用意しますが、ご自身でもご持参されることをおすすめします。

※行程内容や所要時間は交通状況、現地事情により変更になる場合があります。

※天候、その他の事由により予告なくツアーがキャンセルになる場合があります。

※チップは含まれません。

※ツアー中に発生した事故は、催行会社の責任となり、催行会社の所在する現地法に基づいて旅行補償が支払われます。当社は責任を負いかねますので、お客様ご自身にて十分な額の海外旅行保険に加入されることをおすすめします。

※ツアーお申し込みの前に「ご利用規約」を必ずお読みください。

ザ・ウェーブ抽選にチャレンジ

やっぱりザ・ウェーブに行ってみたいという方には、参加希望日の4ヶ月前に応募が開始するインターネット抽選の代行サービス(追加料金)がご利用いただけます。

抽選にハズれた場合でも、当社のツアーにお申込みいただいた場合は、代行サービス料金をツアーの代金に充当します。

お問い合わせはこちらから

変更・キャンセル料金

申込金は、ツアー代金の一部に充当します。出発日の31日前までは、お1人様につき100ドルの取消料金がかかりますので、申込金を取消料金に充当します。 出発日の30日前からは、ツアー代金の100%の取消料金がかかります。

コード ツアー名 代金 予約
#A002 バックスキンガルチ ライセンスガイド同行ツアー

175ドル/大人

114ドル/子供

(3才〜 12才)

予約をする

ご質問はこちらからお問合わせください。

  • 英語

詳細

所要時間 最少催行人員 食事 ハイキング難易度
6時間 2名 昼食1回

北米南西部にあるガルチ、あるいはスロットキャニオンと呼ばれる幅の狭い渓谷としては全米で一番長く、非常にバラエティーに富んだ地形を織り成す点でベストスポットです。

スロットキャニオンとしてお馴染みのアンテロープキャニオンがロウアーとアッパーを合わせてせいぜい1キロ程度なのに対し、このバックスキンガルチは20キロに達し、かつ峡谷の深さも最大で150メートルもあります。

この深さのお陰で太陽もなかなか到達しないエリアもあり、峡谷内は薄暗い感じがありますが、長年に渡って侵食された影響で様々な石の紋様やフォーメーションを見ることができ写真スポットに事欠かきません。混雑しているアンテロープに比べ、静寂さを保っています。  

代金に含まれるもの:

カナブ地区からの往復送迎、ライセンスガイド(英語)、昼食1回

催行会社

Grand Circle Tours

ご注意

※トレッキングシューズ(スニーカーなど歩きやすい靴)、サングラス、帽子などをお持ちください。

※飲み水はガイドがご用意しますが、ご自身でもご持参されることをおすすめします。

※行程内容や所要時間は交通状況、現地事情により変更になる場合があります。

※天候、その他の事由により予告なくツアーがキャンセルになる場合があります。

※チップは含まれません。

※ツアー中に発生した事故は、催行会社の責任となり、催行会社の所在する現地法に基づいて旅行補償が支払われます。当社は責任を負いかねますので、お客様ご自身にて十分な額の海外旅行保険に加入されることをおすすめします。

※ツアーお申し込みの前に「ご利用規約」を必ずお読みください。 

ザ・ウェーブ抽選にチャレンジ

やっぱりザ・ウェーブに行ってみたいという方には、参加希望日の4ヶ月前に応募が開始するインターネット抽選の代行サービス(追加料金)がご利用いただけます。

抽選にハズれた場合でも、当社のツアーにお申込みいただいた場合は、代行サービス料金をツアーの代金に充当します。

お問い合わせはこちらから

変更・キャンセル料金

申込金は、ツアー代金の一部に充当します。出発日の31日前までは、お1人様につき100ドルの取消料金がかかりますので、申込金を取消料金に充当します。 出発日の30日前からは、ツアー代金の100%の取消料金がかかります。

コード ツアー名 代金 予約
#A003 ティーピーズ ライセンスガイド同行ツアー

179ドル/大人

116ドル/子供

(3才〜12才)

予約をする

ご質問はこちらからお問合わせください。

  • 英語

詳細

所要時間 最少催行人員 食事 ハイキング難易度
6時間 2名 昼食1回

ティーピーズと形容されたネイティブアメリカンの移動式住居のような円錐形の岩のフォーメーションには驚くばかりです。

個人差やトレイルの状況にもよりますが、ハイキングそのものは片道1~2時間程度です。

ハイキングトレイルはほとんど砂地ですので、歩くには少々骨が折れるものの、目の前に広がるロックフォーメーションに魅了されるでしょう。

このエリアのティーピーズのようなロックフォーメーションは非常に高いものが2箇所あり、絶好の写真スポットとなっています。

時間と体力に余力があるようでしたら、両方の奇岩群を是非ご堪能ください。 

代金に含まれるもの:

カナブ地区からの往復送迎、ライセンスガイド(英語)、昼食1回

催行会社

Grand Circle Tours

ご注意

※トレッキングシューズ(スニーカーなど歩きやすい靴)、サングラス、帽子などをお持ちください。

※飲み水はガイドがご用意しますが、ご自身でもご持参されることをおすすめします。

※その他のツアーに参加のお客様と混乗となる場合があります。

※行程内容や所要時間は交通状況、現地事情により変更となる事があります。

※チップは含まれません。

※天候、その他の事由により予告なくツアーがキャンセルになる場合があります。

※ツアーお申し込みの前に「ご利用規約」を必ずお読みください。

ザ・ウェーブ抽選にチャレンジ

やっぱりザ・ウェーブに行ってみたいという方には、参加希望日の3ヶ月前に行なわれるインターネット抽選の代行サービス(追加料金)がご利用いただけます。

抽選にハズれた場合でも、当社のツアーにお申込みいただいた場合は、代行サービス料金をツアーの代金に充当します。

お問い合わせはこちらから

変更・キャンセル料金

申込金は、ツアー代金の一部に充当します。出発日の31日前までは、お1人様につき100ドルの取消料金がかかりますので、申込金を取消料金に充当します。 出発日の30日前からは、ツアー代金の100%の取消料金がかかります。